特集記事

すごいぞ!ボクの土木展閉幕

7月25日〜9月2日に開催されましたすごいぞ!ボクの土木展が無事閉幕しました。

入場者数は6万8千人という佐賀県の展示催しとしてはめざましい数字ということらしいです。 自分の制作した1/20スケールモデル筑後川昇開橋は3F展示室の最初の部分に展示してもらいました。 少しでも宣伝の上での引きになり、お客様に喜んでいただけたのであればいいなと思っています。 この展示を期に博物館に初めて訪れた人、佐賀県立博物館の常設の良さに触れた人も多いようで、自分も久しぶりに入って常設の良さを再認識しました。 「土木展終わっちゃったなぁ」というだけでなく、ヒマな時は常設もどうでしょうか?結構良いですよ。

裏話ですが、土木展は実は1年以上前から県庁で会議を重ね、 参加作家や関係者とスペシャルアドバイザーの八馬さんで「佐賀の土木遺産ツアー」というバスツアーを行い、佐賀県の土木の面白さや深さを学ぶなど、地盤作りから始まっています(土木だけに) 私も筑後川昇開橋の制作に着手したのが3月から。 最初に借りてきた膨大な数の図面を見て嫌な汗をかき。 図面を読み解く作業の時点で「これは終わらない」と確信。 7月までに全然終わらない最悪のパターンを想像し夜はうなされました(寝てはいる) 4月の段階で作業効率のための開き直りが入り、6月で最も効率の良い1日のスケジュールと食事の摂り方が完成し、助っ人の加入でかなりブーストがかかったおかげでなんとか7月に間に合いました。 5月に妻の妊娠が発覚しておめでたかったのですが、つわりで作業場には寄りつけず。しかし実家に帰ってゆっくりしてもらって逆に昼夜気を使わず作業できたので結果的によかったかな?

ここまで長期的に追い込まれた作業をしたのは初めての経験だったので自分としては良いスキルアップになったと思います。 図面を読んで制作するのも初めてでした。いつも作業する相手は粘土なのに図面ですよ?昭和8年の図面なんてわからんよ。

とまぁ、書き出すとキリがないのですが、佐賀県の催しの参加面白かったです。 また何かあれば参加したいです。 発注とかこんなの作って欲しいとか、企画とかもあればよろしくおねがいします。 あ、橋の模型はやりません(笑)

1/20筑後川昇開橋のその後ですが、佐賀県庁の1階、県民ホールに展示されているそうです。 そのうちレポートしてみます。

#筑後川昇開橋 #土木展

最新記事